2016年04月19日

ためしてガッテン!最終回 2015年度 みなさんが選ぶ感動ワザ大賞! 頑固な肩こりを解消!「筋膜のばし」の技

肩こりは、筋膜が原因って知ってましたか??




筋膜とは、筋肉を覆っている膜のことで、
緊張が続くと筋膜もよじれて固まってしまいます。

すると、筋肉のコリだけをほぐしても、
筋膜がよじれているのでコリは再発!

頑固な肩こりが改善しないのはこんなわけだったのです。

そこで、「よじれた筋膜をほぐす方法が筋膜リリース」

筋膜リリースを続けた女性は、2週間で筋膜が3倍以上も動くようになったんですって。

軽くなって、とても楽になった、可動域が広くなり、頭痛の悩みも改善されたなどの意見が出ていました。


そこで視聴者の質問が、「腰痛は筋膜とは関係ないのですか?」「筋膜体操は腰痛にも聞くのでしょうか?」

ミスター筋膜の異名を持つ、首都大学東京 理学療法学科 竹井 仁(たけいひとし)教授。
筋膜というのは、全身を覆っていますし、筋肉の中とつながっているので、
指の先から頭、そして足の先まで、いろんな経路でつながっているんですね。
あわせて伸ばすことによって筋膜がほぐれてそこの下の筋肉もほぐれていく。
なので、この雨の肩こり体操をやって頂いても腰にも効果は波及するんですね。

特にオススメ方法をご紹介

その名も、「S字リリース」

①右手を後頭部(頭の後ろに)、左手を腰の後ろにまわしひじは直角にする。
②反時計回りに、それぞれの手をちょっと動かします(そのまま20数える)。
③反時計回りに肩甲骨をまわすようにして20秒
④右足をちょっと前に出して、クロスさせ、体を左に傾けてさらに20秒
⑤反対側も同様に

新技2連発!
肩こりにも腰痛にも効く筋膜リリース

「L字リリース」
①テーブルの前にたちます。
②両足を肩幅に開いて、両手をテーブルに沿ってすーっと伸ばしていく
③あごを引いて、20秒伸ばしてください。
④その時の注意点は、腰をそったり曲げたりしないこと。体を真っ直ぐにのばすのがポイント

「ギリシャ彫刻のようなポーズを決める体ひねりリリース」

①テーブルの前にたちます。
②左足を一歩前、右手をテーブルにおいて、左手を天井に伸ばして20秒
③そのまま、体を左側にひねって20秒
④あごを上げずに指先を見るのがポイント
⑤つらければ、ここまでで、OKですが、慣れてきたら右肘をテーブルについて体をひねって20秒痛くない範囲でゆっくりのばす
⑥反対側も同様に

どれも、1日3回を目標にとめる時間は伸ばしていきましょう。
posted by yuyu at 12:00| Comment(0) | 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください